更新チェック時間(対象アドレスに変更があった場合に更新)

更新チェックをリクエスト
2017/03/20 13:00
Yahoo!知恵袋 - 「柏崎市 水漏れ」の検索結果(すべて)
2017/03/20 12:54
柏崎市 水漏れ - NAVERまとめ
2017/03/20 12:54
柏崎市 水漏れ - YouTube
2017/03/20 12:54
2ch検索: [柏崎市 水漏れ]
2017/03/20 12:54
ヤフオク! - 「柏崎市 水漏れ」
2017/03/20 12:54
柏崎市 水漏れ - Google News
2017/03/20 12:54
柏崎市 水漏れ - Google ブログ
2017/03/20 12:54
[アメーバサーチ] 柏崎市 水漏れの検索結果
2017/03/20 12:54
[柏崎市 水漏れ]の検索結果 - goo検索
2017/03/20 12:54
タグ 柏崎市 水漏れ‐ニコニコ動画
2017/03/20 12:54
「柏崎市 水漏れ」のツイート
2017/03/20 12:54
「柏崎市 水漏れ」の検索結果 - Yahoo!ニュース

更新内容

RSSの詳細情報の「
2017/03/20 13:00 Yahoo!知恵袋 - 「柏崎市 水漏れ」の検索結果(すべて)

02/16 08:56 『福島甲状腺がん 7人増加33人に!』2014/2/8 ⇒ 従来の「161倍」の発症率...
02/16 08:56 『福島甲状腺がん 7人増加33人に!』2014/2/8 ⇒ 従来の「161倍」の発症率...
『福島甲状腺がん 7人増加33人に!』2014/2/8 ⇒ 従来の「161倍」の発症率? チェルノブイリをはるかに超える異常な事態か? 福島にとどまらず、東京/千葉/埼玉/神奈川/茨城/栃木/群馬/宮城でも、影響があるのでは? ・・・ 「一次検査で約二十五万四千人の結果が判明し、千七百九十六人が二次検査の対象」 「十代の甲状腺がんは百万人に一~九人程度」 従来は、100万人で1人。 今回の検査は、25.4万人中で、「がんの疑い」が41人。 ⇒ 従来の「161倍」の発症率になる、、。 ・・・ 『福島甲状腺がん 7人増加33人に』2014年2月8日 東京 「東京電力福島第一原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」の検討委員会が七日、福島市で開かれ、甲状腺がんと診断が「確定」した子どもは前回(昨年十一月)の二十六人から七人増え三十三人になった。「がんの疑い」は四十一人(前回は三十二人)。 検討委の星北斗(ほしほくと)座長はチェルノブイリ原発事故後の甲状腺がんの発症経過や、今回見つかったがんの種類、大きさなどから「現時点では放射線の影響は考えにくい」と述べた。がんの発見率がこれまで考えられていたよりも高いことについては「症状がない人も含めた未知の調査で、比較できない」と説明した。 しこりの大きさなどを調べる一次検査で約二十五万四千人の結果が判明し、千七百九十六人が二次検査の対象となった。 「確定」と「疑い」に、手術の結果「良性」と判明した一人を含む計七十五人のうち二十四人について、原発事故が起きた二〇一一年三月十一日から四カ月間の外部被ばく線量も公表。一ミリシーベルト未満が十五人、一ミリシーベルト以上二ミリシーベルト未満が九人だった。 国立がん研究センターなどによると、十代の甲状腺がんは百万人に一~九人程度とされてきた。 甲状腺検査は、原発事故発生当時十八歳以下の全員、約三十七万人が対象。一次検査の結果で軽い方から「A1」「A2」「B」「C」と判定し、BとCが二次検査を受ける。」 ・・・ ◆『ヤバい!福島の小児甲状腺ガン、悪性と悪性疑いが58人から74人へ!16人も増加!都知事選の裏で重要情報を発表 new!!』 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1754.html 「新たに発表された数値は既に同時期のチェルノブイリを遥かに超えていると同時に、大人の平均値も上回っています。小児甲状腺癌の発症率は100万人に1人程度なので、総人口が200万人の福島で41人も確定しているのは極めて異常な事態だと言えるでしょう。」 ◆『子どもの甲状腺がん33人=前回から8人増-福島県』2014/02/07 時事 「東京電力福島第1原発事故を受け、福島県が当時18歳以下だった子どもを対象に実施している甲状腺検査で、33人が甲状腺がんと確定したことが7日、分かった。前回発表から8人増加した。福島市で同日開かれた「県民健康管理調査」検討委員会で示された。 検討委は放射線の影響について、「これまでの知見から言えば考えにくい」との見解を示した。」 ◆『福島隣接の茨城県・高萩市で 甲状腺「要精密検査」の子ども8人、「経過観察必要者」は2割以上の184人』 FGW 11月 25th, 2013. 「福島県に近い茨城県高萩市は、市内の子どもや中高生を対象に実施した甲状腺超音波検査の結果を公表した。それによると、検査を受診した対象者855人のうち、8人が要精密検査の対象となった。また「経過観察」が必要と判断されたのは、2割以上の184人に達し、予想を上回る高率で子どもたちに何らかの異常が表われていることが明らかになった。」 ◆『子供の甲状腺がん、疑い含め59人!7倍!』 2013年11月13日 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011658182... 「10万人あたり12人に見つかった計算になる。宮城県など4県のがん統計(2007年)では10万人あたり1・7人。7倍!」 「いま思えば、安定ヨウ素剤を飲ませればよかった」 ◆「千葉、茨城15市町で子どもたちの尿の7割からセシウムが検出!」 『セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度』 週刊朝日 2013年10月4日号 http://dot.asahi.com/wa/2013092500046.html 「関東15市町で実施されている最新検査で、子どもたちの尿の7割からセシウムが検出されていたことがわかった。ジャーナリストの桐島瞬氏は、その被曝の深刻度を明らかにする。 ◆チェルノブイリ事故の4~5年後、甲状腺がんが多発し始めた時、ソ連政府/IAEA/医師たちは、それを隠すための記事/文章を載せた。 「超音波診断の精度があがったから発見数が増えただけだ」 「広島で小児甲状腺ガンが出るまでには十数年かかっているのだから、こんなに早くチェルノブイリ被災地で多発するはずがない。」 「生活に影響はない、将来も心配ない。病気は、放射能に対する恐怖から起こる心理的なものだ」 ※

02/05 03:10 『下水汚泥の放射能汚染度、東京は福島に次ぐ高濃度!』1月 26th, 2014. ⇒ これで...
02/05 03:10 『下水汚泥の放射能汚染度、東京は福島に次ぐ高濃度!』1月 26th, 2014. ⇒ これで...
『下水汚泥の放射能汚染度、東京は福島に次ぐ高濃度!』1月 26th, 2014. ⇒ これでもまだ原発再稼働ですか? 原発輸出ですか? 秘密保護法も憲法改悪も含めて、 政府は気が狂っているのでは? ⇒ 国政選挙がまだ先の今、少なくとも都知事選で、安倍政権・自民党に「NO!」を突き付けないといけないのではありませんか? ・・・ 『下水汚泥の放射能汚染度、東京は福島に次ぐ高濃度 国土交通省調べ(FGW)』1月 26th, 2014. 「国土交通省が公表した2013年度(4月~12月末)の全国の「下水汚泥等中放射能濃度測定結果」では、全般的に汚泥中のセシウムなどの放射性物質濃度は低下しているが、都道府県別でみると東京が福島に次ぐ高濃度であることがわかった。下水汚泥の放射能濃度は、大気・水質汚染を凝縮しており、福島から200km圏にある東京の汚染の高さを反映している。 全国比較でみると、最も高い放射能値を検出したのは、福島市堀河町週末処理場で、昨年12月16日採取の汚泥から、1kg当たり2万8030ベクレルのセシウムを検出した。ただ、同地では昨年8月26日の県さでは、7万7500ベクレルだったので、ほぼ3分の1近くに減ったことになる。 茨城、栃木、群馬などの福島近接の各県の濃度もおおむね低下し、1000ベクレル前後になっている。これに対して、東京では江戸川区葛西水再生センターでの12月1~2日採取分が3040ベクレルと、都道府県別では福島に次ぐ高さとなった。同地では4月7~8日に7800ベクレルを検出しており、それよりは半分以下にまで下がっているが、他県と比べると依然、相対的に高いレベルにある。 都内の他の処理場でも、立川市の錦町下水処理場で10月29日採取分が2959ベクレルだったほか、おおむね1000ベクレルを上回る水準だった。東京の処理場の汚染度が高いのは、処理量の多さが影響しているとみられる。」 ・・・ ◆舛添要一氏 ・後援会代表が元暴力団幹部! ・数々の女性問題などの醜聞/スキャンダル! ・政治と金の問題がいくつも発覚! 舛添要一氏には都知事候補として、人としての資格がない! ⇒ オリンピックで世界が東京を注目するというのに、 こんな人を当選させたら、東京都民の恥! ・・・ ■「即時原発ゼロ」小泉氏と細川氏; 「これは日本の存亡をかけた選挙だ」 「原発ゼロで東京は発展できる。実現可能な夢だ」 「原発ゼロの方向を明確に示し、自然エネルギー大国日本を打ち出す」 「原発即ゼロで新しい未来を築くことがはっきりしている候補は、あまりいない」 「今回の都知事選は、国政に最も影響を与える。将来の日本に影響を与える。」 「原発ゼロを東京から世界に向けて発信できる」 「原発は安全?安い?冗談じゃない。原発は安全でもない。原発は一番コストがかかっている。」 「その費用を負担するのは、これからの若い人たちではないか」 ・・・ ◆細川/小泉連合には、大義がある。良識や正義がある。本物の成長戦略と夢もある。 彼らの「即時原発ゼロ」主張とは、実は、腐敗しきった電力業界の大行政改革であり、本物の成長戦略でもある。速やかな原発ゼロによってこそ、電力業界の規制緩和と、公正な電力自由化が可能になり、大規模な次世代産業の育成と雇用の創出が期待できる。 日本国が、すでに遅れている再生可能エネなどの次世代産業のグローバル競争に勝ち残るためには、「即時原発ゼロ」こそがまさに必要。 電力の最大消費地の東京都と、原発立地県の新潟県の両知事が「原発ゼロ」を主張すれば、柏崎刈羽原発の再稼働を止めることができる。いまだに反省のない原発依存の東電の経営体質を根本から改革する大きなきっかけとなる。 もし東電が原発依存から脱却すれば、それは地方にも波及し、日本国全体が生まれ変われる。これから大地震がいくつも襲ってくる日本列島で次の深刻な原発災害を未然に防止できる。 東京から国を変えることができる。日本を救うことができる。 ・・・ ◆東京の「即時原発ゼロ」は十分に可能! 東電の火力燃料消費はすでに劇的に減少。原発ゼロでも電力は大幅に余っている! ・東電は震災後のたった数年で約880万kWの先端火力(LNG/石炭)を新設/増強。 ・東電の最大電力需要は約900万kW(13.5%)減少。電力需要実績(上期)も12.5%減少。 ・東電の離脱需要は560万kWにも達し、年120万kWずつ離脱。異業種からの参入が相次いでいる。 ・全国で太陽光を中心に再生可能エネが2013年4月から毎月58万kWずつ急増中。2012.7月から2013.10月までに580万kW以上が運転開始。 → すでに、2013年の東電の一番高い石油消費量は前年比約45%減少。石油火力設備の半分以上が休止し余っている。原発ゼロでも、もし円安で燃料単価上昇がなければ、すでに東電の燃料費は震災前に戻った可能性すらある。 → 東電管内ではすでに実質的に原発は全く不要! ※

12/04 22:33 『新潟でガスと原油産出! 平成27年度中の生産開始を目指す?』2013.8.2. ①ガス...
12/04 22:33 『新潟でガスと原油産出! 平成27年度中の生産開始を目指す?』2013.8.2. ①ガス...
『新潟でガスと原油産出! 平成27年度中の生産開始を目指す?』2013.8.2. ①ガスと原油の採掘は、地下に採掘用の水を送ることで、地盤が動きやすくなり、地震を誘発するという説がある。 新潟では、事実、ギネス並みの巨大地震が頻発している。 新潟には、それらの地震で大きく損傷し、過酷事故一歩手前まで行った「新潟県柏崎刈羽原発」がある。 ⇒ ガスと原油の採掘は、「新潟県柏崎刈羽原発」を廃止決定してからにすべきでは? ②東電は、福島原発汚染水漏れ事故の収束ができない。初歩的なミスを繰り返し、今も事態は刻々と悪化している。 廃炉に至ってはまだほとんど何も手がついていないと言っても良い。4号機のプールから核燃料棒を取り出すだけで、2年半も経過してやっと始まったところ。放射能が桁違いに強い3号機や1号機は、その方法すら思いつかず途方に暮れている。 東電は、汚染水漏れ事故の収束、とてつもなく長い期間を要する廃炉、除染、賠償責任などを抱え、企業体を潰さないその分、逆にずーっと生き地獄にさらされ続ける。 優秀な人材は、どんどん流出している。 今の東電はもう震災前の東電とは違う。「新潟県柏崎刈羽原発」を安全に運転する能力など無い! ⇒ ガスと原油の採掘は、「新潟県柏崎刈羽原発」を廃止決定してからにすべきでは? ・・・ 『新潟でガスと原油産出 石油資源開発、埋蔵量調査へ』2013.8.2.産経 「資源開発大手の石油資源開発(JAPEX)は1日、新潟県小千谷市の片貝ガス田で、新たに日量約20万立方メートルの天然ガスと同約13キロリットルの原油の産出に成功したと発表した。今後、正確な埋蔵量の調査を行い、平成27年度中の生産開始を目指して準備を進める。 片貝ガス田では昨年秋にも別のガス井で日量約29万立方メートルの天然ガスと同約33キロリットルの原油の産出に成功している。昨年12月から同ガス井南部への天然ガスの拡がりを確認することを目的に掘削を続けてきたが、7月下旬に産出テストを行った結果、天然ガスと原油の産出が確認できたという。 片貝ガス田では比較的大きなガス井で、一般家庭20万世帯の使用量に当たる。 JAPEXは「探鉱作業を続け、長期安定的な天然ガス供給体制の整備・強化に努めたい」としている。」 ・・・ 『日本壊滅の危機にさらした事故--地震に耐えられなかった柏崎刈羽原発』2007年7月20日付 「新潟県の中越沖地震により、東京電力の柏崎刈羽原発では火災発生や放射能漏れなど緊急事態が発生した。柏崎刈羽原発は1~7号機まで総出力821・2万㌔㍗あり、1カ所の発電所としては世界最大規模である。原子炉内の核燃料や運転によって蓄積された死の灰の量ははかり知れず、1歩間違えばメルトダウンや大爆発もありうる寸前であった。そうなればチェルノブイリ原発事故の何10倍という大量の放射能が放出され、日本国土全体が壊滅的な大惨事となる危険性をはらんでいた。民族の重大問題としてこれをあいまいにすませるわけにはいかない。 ◆放射性物質を大気中に放出 今回の地震では、柏崎刈羽原発3号機から火災が発生し、約2時間にわたって黒煙を上げて燃え続けた。消火用水の給水管も破損し、水が漏れて、消火作業もままならなかった。 また同6号機では使用済み核燃料貯蔵プールの放射能をふくむ水が海に放出された。 緊急停止した7号機の主排気筒からも放射性物質が大気中に出た。 ほかの6基の原発でも燃料プールがあふれている。また低レベル廃棄物入りのドラム缶約400本(当初は100と発表)が倒れて100本(当初数本と発表)のフタがはずれ、放射性物質が床から検出された。」 『柏崎刈羽原発、全7基でトラブル50件…地震対策見直しへ』7月18日 読売 「新潟県中越沖地震で柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の被災状況を調査している東京電力は17日、建屋と主排気筒をつなぐ排気ダクトがずれるなど、地震の影響とみられる50件のトラブルが全7基で確認されたと発表した。 7号機の主排気筒では、ヨウ素などの放射性物質が検出された。地震の影響で何らかの機器や設備が破損した可能性がある。地震によって原発でさまざまな異常が確認されたのは初めてで、原発の地震対策の大幅な見直しを迫られそうだ。」 ※

11/24 17:26 『玄海原発の再稼働「反対」5割! 県民世論調査』 2013年11月17日 ⇒ 佐賀県でも...
11/24 17:26 『玄海原発の再稼働「反対」5割! 県民世論調査』 2013年11月17日 ⇒ 佐賀県でも...
『玄海原発の再稼働「反対」5割! 県民世論調査』 2013年11月17日 ⇒ 佐賀県でも脱原発派は、確実に増加している! 理解が深まればそうなる。 玄海原発の再稼働は止められるだろうか? ・・・ 『玄海再稼働「反対」5割 県民世論調査』 2013年11月17日 佐賀新聞 「原子力規制委員会が新規制基準に基づき安全審査を進めている九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県東松浦郡玄海町)。佐賀新聞社の県民世論調査では、玄海原発の再稼働について、反対が49・3%を占め、賛成の36・5%を上回った。今後の原発比率については「将来的にゼロ」「即座にゼロ」の脱原発派が55・7%と半数を超え、維持派の39・3%を大きく上回った。汚染水漏れなどで福島第1原発事故がいまだに収束の道筋を描けない中、原発に対する県民の不信感が浮き彫りになった。 昨年と比較すると、再稼働に反対は5・1ポイント、賛成は6・2ポイントそれぞれ増え、差はわずかに縮まった。一方、今後の原発比率については脱原発派が8・4ポイントアップしたのに対し、維持派は5・9ポイントのダウン。拮抗(きっこう)していた昨年に比べ、10ポイント以上開いた。「分からない」という回答は減り、原発問題への理解の高まりもうかがわせた。 地域別にみると、玄海原発が立地する玄海町では再稼働に賛成が100%、今後の原発比率も維持派が80%を占め、長引く原発停止が地域経済に与える影響の大きさを示す結果になった。市域の大半が30キロ圏内に含まれ、立地自治体並みの権限を求めて県内で唯一、九電と安全協定を結んでいない伊万里市は、再稼働に賛成が31・6%、反対は52・6%だった。 年代別にみると、全体的に再稼働反対、脱原発の傾向が強まる中、20代だけが再稼働賛成(51・2%)が反対(41・9%)を上回り、今後の原発比率についても維持派(60・5%)が脱原発派(34・9%)を大きく上回った。若い世代ほど、原発を必要と捉えている傾向が読み取れた。」 ・・・ ◆『子供の甲状腺がん、疑い含め59人!7倍!』 2013年11月13日 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10116581825 「10万人あたり12人に見つかった計算になる。宮城県など4県のがん統計(2007年)では10万人あたり1・7人。7倍!」 「いま思えば、安定ヨウ素剤を飲ませればよかった」 ◆「千葉、茨城15市町で子どもたちの尿の7割からセシウムが検出!」 『セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度』 週刊朝日 2013年10月4日号 http://dot.asahi.com/wa/2013092500046.html 「関東15市町で実施されている最新検査で、子どもたちの尿の7割からセシウムが検出されていたことがわかった。ジャーナリストの桐島瞬氏は、その被曝の深刻度を明らかにする。 ◆「原発はまた必ず爆発する」『原発ホワイトアウト』(著・若杉冽=講談社) →これは小説ですが、真実に限りなく近いのでは? 『「新○県知事、逮捕」 現職官僚・告発小説のリアル』 2013年9月28日 「現役キャリア官僚が書いたとされる『原発ホワイトアウト』(著・若杉冽=講談社)が話題を呼んでいる。サブタイトルは「原発はまた必ず爆発する」。 原発という甘い蜜に群がる経産省、電力業界、政界の内情が赤裸だ。さすが「権力の現場」に詳しいキャリア官僚が書いたと思わせる場面が随所に登場する。」 ・・・ ◆小泉元首相、 核燃料サイクルも、原発再稼働も、即時中止!原発は即時ゼロが良い!すでに今ゼロなのだから。 原発は安全でない。コストは他のエネルギーより高いことが分かった。 『脱原発は郵政民営化の比ではない壮大な事業 小泉元首相が日本記者クラブで講演』 動画 2013.11.12. http://www.youtube.com/watch?v=QOXsnZiTjwk ◆細川元首相、 原発再稼働を「犯罪的な行為だ」と批判! 『原発ゼロへ共闘 細川・小泉元首相「国民運動を」』 2013年11月12日 ◆『原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ』 東洋経済6月号 http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/7499f2bb819d11... 「“真”のバックエンド費用は約74兆円──。」 ◆『「未来への教訓~検証・福島第一原発事故~」』 動画 田辺文也 放送大学特別講義 2013.5.19. http://vimeo.com/66684623 「総括 【できるだけ早く原発ゼロを目指すべき】 国も事業者も安全確保について、能力がない、覚悟がない、責任を取らない、資格が無い。 次世代に高レベル放射性廃棄物という負の遺産を残すべきでない。」 ※

11/03 20:44 福島原発は、再び、深刻な事態に直面しているのでは? 初歩的なミスが多発と言う事...
11/03 20:44 福島原発は、再び、深刻な事態に直面しているのでは? 初歩的なミスが多発と言う事...
福島原発は、再び、深刻な事態に直面しているのでは? 初歩的なミスが多発と言う事は、 4号基の燃料棒取り出しの危険な作業はしてはいけないのでは? 柏崎刈羽や他電力会社から人員を福島原発に回すべきでは? ・・・ 『人手がないという悪夢 福島原発事故収束作業』 2013年10月25日 東京・中日新聞 「福島原発事故の収束や賠償などの金銭的重圧にあえぐ東京電力。政府は同社を破綻処理せずに税金で救済しようとしているが、問題は財務面だけではない。人手も不足しつつある。 経験豊かな作業員が現場を離れ、素人同然の作業員が増えてトラブルを生む。東電本体の離職者も増えている。まだ事故から2年半。向こう数十年にわたる収束、廃炉作業に黄信号がともっている。 ◆離れる地元企業 線量高く 「もう地元の協力企業はほとんどフクイチ(東電福島第一原発)には入っていない」。事故直後まで、福島第一原発に入っていた福島県いわき市の業者はそう言う。 「従業員の(被ばく許容)線量がパンパンになってしまった。東電の仕事をしている地元会社は大半が第二(原発)にいる」。別の協力企業の社長もそう話した。 この約1カ月間だけでも、福島第一の現場ではトラブルが多発した。 多核種除去設備(ALPS)のタンク内にゴム製シートを忘れて配管が詰まった /タンクが傾いていることを知らずに注水し、汚染水漏れを起こした /電源盤の操作を誤り、原子炉冷却のポンプが一時止まった─。 初歩的なミスばかりだ。ベテラン作業員の不足が影響しているといえる。 今年初めまで、福島第一で働いていた作業員は内情をこう漏らす。 「下請け(協力企業)には、大別すれば土木とプラントがある。土木は整地して汚染水タンクなどを置く仕事。プラントは配管など、原子炉にも絡む。 土木の作業員は相変わらず、重層の『中抜き』で危険手当などが届かない。だから除染作業などに流れている」 除染作業は国の直轄分もあるためか、危険手当が払われるケースが増えたという。原発での作業に比べ、安全な印象もある。ただ、放射線管理は原発の方が厳しく、除染ではマスク抜きの現場もあり、内部被ばくの危険に大差はないという。 では、プラント関連はどうなのか。 「各地の原発が止まって定期検査もないので、東電は全国の原発職人が福島に来ると読んでいた節がある。だが、実際はそうなっていない。 溶接などで腕に覚えのある職人は原発以外にも仕事がある。地元でも避難住民の流入でマンションなどが建設ラッシュ。結局、腕の悪い人が残り、仕事の効率が悪くなって人手不足の状態に陥る」 協力企業の社長は、ミスの多発の一因は東電や一次下請けの担当者が現場にいないことにもあると語る。「高圧電線の入った管を切りかけたケースもある」。だが、この作業員は「現場にいて指示すると、違法な偽装請負だ。それを東電側が裂けている面もある」と複雑な事情を説明する。 いわき市の業者は「日当で5万円もらっても、フクイチには行かない。線量が高すぎる。地元業者の間では、あんな所で働く人間の神経を疑うと話している」と言う。 作業員もその話にうなずき、こう漏らした。 「人員問題は近々、行き詰まるだろう。最後は雇い兵のような外国人を雇うつもりだろうか」 ◆若手が次々退職 作業員はたしかに減少している。東電が発表した翌月の計画人数(平日1日当たりの作業員数見込み)を調べると、今年2月は下請け作業員だけで1日約4200人だったが、10月は東電社員を入れても約2400人に減った(表参照)。 東電社員も減っている。依願退職者は、福島原発事故の発生後に急増した。東電広報部によると、事故前の2010年度は134人だったが、11年度は465人、12年度は712人、本年度は4~6月の3カ月だけで109人に上る。年齢別では40歳以下が約7割を占める。 ある東電関係者は「以前なら10のエネルギーを使えば、10の給与がもらえた。それがいまや給与は3分の2ぐらいに減った。事故後、3年目となるとさすがに気力が続かない」と打ち明ける。 東電社員は管理職で約3割、一般職は約2割の給与削減をされている。頭では「被害者に償うために頑張ろう」と理解していても、転職先が見つけやすい若手から辞めていく。会社も引き留めようとはしないという。 この関係者は東電の破綻処理を求める。「もっと給与は減るかもしれないが、少しは希望が見えてくる。まったく先が見えない現在よりはいい。やる気を取り戻すためには、一度リセットするしかないのではないか」 ◆「全国から技術者集めよ」 「国が多重下請け一掃を」 今後、東電社員や作業員の人手不足にどう取り組めばよいのか。長年福島原発に携わり、協力会社の会長でもある名嘉幸照さんは「一定の技術力を持つマンパワーはいずれ枯渇することは分かっていた。対策をとらなければ」と指摘する。」 ※

09/11 23:01 東京の水も空気も安全!という書簡を送らねばならぬ程、東京は危険なのか? 【オリ...
09/11 23:01 東京の水も空気も安全!という書簡を送らねばならぬ程、東京は危険なのか? 【オリ...
東京の水も空気も安全!という書簡を送らねばならぬ程、東京は危険なのか? 【オリンピック招致活動】 ・・・ ◆たしかに、 ・東京下町ではチェルノブイリ基準で居住禁止レベルの高い放射線量のエリアがあった。 ・世田谷区でも横浜市でも、大量の猛毒ストロンチウムが検出されていた。 ・東京湾の魚は汚染されている。食べてはいけない。 ・今回の汚染水漏れ事故で、茨城県も千葉県も沿岸漁業は壊滅する。 ・千年ぶりに地震活動が活発化した日本列島で、原発を再稼働するなど、正気の沙汰ではない。 → 主観的な期待値を込めずに冷静に外から見れば、東京は安全ではない、、、。 ◆河野太郎氏;「汚染水対策に税金を投じる前に、東電を破綻処理して株主や経営陣の責任を明らかにすべきだ」 ・・・ 『汚染水問題に質問集中=竹田理事長は理解求める-東京招致委』 2013/09/05 時事 「【ブエノスアイレス時事】2020年夏季五輪開催を目指す東京招致委員会は4日、ブエノスアイレスで記者会見を開き、登壇した竹田恒和理事長に対し、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題の質問が集中した。 質疑応答での六つの質問中、四つが汚染水問題で、大きな関心事になっていることが鮮明になった。汚染水問題に対する懸念や招致活動への影響について問われた竹田理事長は「安倍晋三首相がこの問題に責任を持って解決すると発表している」。「東京の放射線量はニューヨークやロンドン、パリとも変わらず、安全。水や食料、空気も問題はなく、2020年の東京に一切問題はない」「この問題への懸念は不必要」と、ほぼ同様の説明を繰り返し理解を求めたが、表情は厳しかった。 質問者の一人、米ブルームバーグのパンジャ記者は「きょうと同じ状況は、IOC委員との質疑応答でも繰り返される。7年後のことはだれも分からないし、東京の招致に影響するかもしれないし、しないかもしれない」と語った。」 『IOC委員に汚染水問題で書簡=「東京は安全」と竹田理事長-20年五輪招致』 2013/09/04 時事 「【ブエノスアイレス時事】2020年東京五輪招致委員会の竹田恒和理事長が、東京電力福島第1原発からの汚染水漏れに対する懸念を払拭(ふっしょく)するため、開催都市決定の投票権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)全委員に対して書簡を送ったことが3日、分かった。招致委によると、「(東京では)普段通り、大気、水はクリーンである。毎日チェックされており、問題になるような兆候はない」などと記したという。」 『汚染水対策、責任明確化を=政府対応に不満相次ぐ-自民合同会議』 2013/09/04 時事 「自民党は4日、資源・エネルギー戦略調査会と経済産業部会の合同会議を党本部で開いた。東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題をめぐる政府の対策について、経済産業省と原子力規制委員会、東京電力の指揮系統や責任の所在を明確にするよう求める決議をまとめた。近く安倍晋三首相に提出する。 かつては経産省の指揮下にあった旧原子力安全・保安院が原発を監督していたが、東日本大震災を機に監督機関は独立性の高い原子力規制委に移った。汚染水問題では経産省と規制委がそれぞれ東電の対策に関与しており、決議では「昔の体制に比べて責任の所在が明らかでない」(山本拓資源・エネルギー戦略調査会長)として改善を求めた。ただ具体策については言及していない。 決議には、政府が3日まとめた470億円の国費投入を柱とする汚染水対策の基本方針に関し「評価する」と明記。ただ4日の会合では、河野太郎氏が「汚染水対策に税金を投じる前に、東電を破綻処理して株主や経営陣の責任を明らかにすべきだ」と求めるなど、政府の対応に不満の声が相次いだ。」 ・・・ 『小出裕章参考人の全身全霊をかけた凄まじい原発批判』 動画 http://www.youtube.com/watch?v=CEUxUdlJP0k 『「未来への教訓~検証・福島第一原発事故~」』 動画 田辺文也 放送大学特別講義 2013.05.19. http://vimeo.com/66684623 「総括;【できるだけ早く原発ゼロを目指すべき】 ◆国も事業者も安全確保について ・能力がない ・覚悟がない ・責任を取らない ⇒資格が無い ◆高レベル放射性廃棄物の処理の方法が現時点ではない。次世代に負の遺産を残すべきではない。」 『日本再生最終勧告 ‐原発即時ゼロで未来を拓く』 加藤寛 著 ビジネス社 推薦人;小泉純一郎元首相と竹中平蔵氏 ※

09/05 10:09 泉田知事;『柏崎刈羽原発、福島原発の汚染水収束が条件!』 今、新たな「レベル3...
09/05 10:09 泉田知事;『柏崎刈羽原発、福島原発の汚染水収束が条件!』 今、新たな「レベル3...
泉田知事;『柏崎刈羽原発、福島原発の汚染水収束が条件!』 今、新たな「レベル3」(重大な異常事象)の重大な原発事故が始まった。 福島だけではなく、茨城県も千葉県も沿岸漁業が壊滅する。 ⇒ 汚染水漏れ事故が示すように、 東電は、目先のお金を優先し、安全対策を怠っているのでは? ⇒ 過去の経験に学べない企業が、原子力のオペレーションをできるのか? ⇒ そもそも、福島原発事故の検証は何もできていない。 ⇒ 東電に原発を運転する資格などないのでは? ⇒ 東電に新潟県柏崎刈羽原発を再稼働させたら、福島と同じように、次の原発事故が起きる、、。 ⇒ まず、速やかに、東電を破綻処理すべき! ・・・ 『新潟・柏崎刈羽原発:福島原発の汚染水収束が条件 再稼働さらに厳しく−−知事』 毎日 2013年08月29日 「新潟県の泉田裕彦知事は28日、東京都内の日本外国特派員協会などで会見し、東京電力福島第1原発の汚染水問題について「原発を運転する資格のある会社なのかという判断の要素になりうる」と述べた。汚染水問題にメドをつけることが、同県にある柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を左右するとの認識を示したもので、同原発の再稼働に向けたハードルはさらに高くなった格好だ。【清水憲司、浜中慎哉】 泉田知事は会見で、同原発の再稼働について「(福島)事故の検証と総括をしたうえで議論すべきだ」との考えを表明。「目先のお金を優先し、安全対策を怠り、自らの首を絞めることが続くなら、破綻処理も選択肢の一つ」と東電を批判した。汚染水流出の公表遅れについて「過去の経験に学べない企業が、原子力のオペレーションをできるか不安」と厳しい認識を示した。 東電は、経営再建の要である同原発の再稼働を目指すが、泉田知事の反発で、手続きの入り口にあたる安全審査申請もできていない。再稼働への道筋を示せないと、東電を支援してきた金融機関の融資継続が難しくなり、「昨年に続く電気料金の再値上げに追い込まれかねない」(東電幹部)。こうした焦りから、東電では「早急に申請する選択肢も検討すべきだ」(同)との強硬論も強まりかけていた。 ただ、汚染水漏れは原発事故の国際評価尺度(INES)で、8段階の「レベル3」(重大な異常事象)とされたほか、28日に茂木敏充経済産業相と会談した佐藤雄平・福島県知事も記者団に「まず原発事故の処理に全力で当たってもらうのが第一」と述べるなど、早急な解決を求める声が高まっている。関係者によると、東電の28日の取締役会で、審査申請時期は慎重に検討する方針が確認された。 ただ、汚染水問題にいつメドがつけられるかは不透明だ。泉田知事の理解を得て再稼働を目指すのも、利用者の反発が強い再値上げも容易ではない。東電は一段と追い詰められた格好だ。」 ・・・ ◆沿岸の海流は南に向けて流れている。放射性物質は茨城県を通り千葉県の銚子沖にまで達する。 千葉県沖50km離れている黒潮によっては希釈されない。 福島県だけでなく、茨城県も千葉県も沿岸漁業は壊滅する。 ◆今、新たな「レベル3(重大な異常事象)」の原子力事故が始まった。 国民の税金から大規模な資金投入をしてでも、国家を上げて、緊急に対策しなければいけない。 → 汚染水漏れ事故が示すように、東電には、事故収束のための能力も無く、資金力も無い。 政府の試算の事故収束費用Max.5.7兆円は、すでにもう使い切った。本当は約50兆円と言われるが、もっと必要かもしれない。 もともと東電1社で賄える数字ではない事は明らか。国民の税金からさらに大規模な資金投入が始まる。 → ならば、資本主義のルールにのっとり、東電は速やかに会社更生法で正しく破綻処理すべきである。株主も融資銀行も応分の正しい損害を被らなければならない。 → 発電会社は、何社かに分けて新電力として売却し、公正な電力自由化の市場に移行すべき。そうすれば、競争により電気代は下がる。 『「未来への教訓~検証・福島第一原発事故~」』 動画 田辺文也 放送大学特別講義 2013.05.19. http://vimeo.com/66684623 「総括;【できるだけ早く原発ゼロを目指すべき】 ◆国も事業者も安全確保について ・能力がない ・覚悟がない ・責任を取らない ⇒資格が無い ◆高レベル放射性廃棄物の処理の方法が現時点ではない。次世代に負の遺産を残すべきではない。」 ※

08/29 22:02 『福島県だけでなく、茨城県や千葉県の沿岸漁業は壊滅か?』 『東電には、原発を安...
08/29 22:02 『福島県だけでなく、茨城県や千葉県の沿岸漁業は壊滅か?』 『東電には、原発を安...
『福島県だけでなく、茨城県や千葉県の沿岸漁業は壊滅か?』 『東電には、原発を安全に再稼働する能力など無いのではないか?』 → 東電には事故収束の能力が無い。 → 3月時点の海洋大のレポートで、深刻な海洋汚染はすでに指摘されていた。 小出氏はもっと前から指摘しており、関係者はおそらくもっと前から知っていたはず。 それを東電だけでなく、政府も放置していた、、。 → IAEAが懸念を表明、 「レベル3(重大な異常事象)」の原発事故が、今、再び始まった。 30兆ベクレルのストロンチウムとセシウム、40兆ベクレルのトリチウムが、すでに海に流れ出した。 → 沿岸の海流は南に向かって流れている。茨城県を通って千葉県の銚子沖まで流れて来る。 千葉県沖50kmも離れている黒潮では希釈されない。 福島県だけでなく、茨城県や千葉県の沿岸漁業も壊滅する。 → 政府の対応次第では、この高濃度汚染の海への流出は、今後20~30年も続く可能性が出て来た。 少なくとも、国民の税金を大規模投入してでも、全国の電力会社の技術者や研究者を緊急に総集結させて、取り組む必要がある。 ◆東電の事故収束作業は、 失敗がさらに失敗を生む悪循環にすでに入っている。 もともと事故収束の能力が無い東電は、さらに最悪の事態に直面し、さらに混乱を極める。 ⇒ そんな状態の東電には、原発を安全に再稼働する能力など無いのではないか? もし、会社の経営改善という理由のために、新潟県柏崎刈羽原発を再稼働したら、次の事故の可能性が非常に高いのでは? そんな状況で、原発再稼働など、もってのほかではないか? ・・・ 『セシウム17兆ベクレル流出か 原発港湾内濃度から試算』 2013/03/23 共同通信 → 2013年3月に東京海洋大が問題提起していた。 ・・・ 『福島第一原発汚染水、敷地の北方向にも拡大 規制委 東電に1号機周辺調査を指示(福島民友) 水を制御できない会社が原発を制御できないのは当たり前か』 8月 13th, 2013. Finance GreenWatch 『放射性汚染水、政府も東電もマスコミも、グルだな @室井佑月』 2013年08月08日 『タンク接合部で高線量=漏出同型2基-福島第1汚染水漏れ・東電』 2013/08/22 時事 『海へ流出、最大30兆ベクレル=ストロンチウムとセシウム-東電試算・福島第1原発』 2013/08/21 時事 『福島汚染水漏れ:「レベル3」規制委、IAEA照会後結論』 毎日 2013年08月21日 『東電福島第1原発 タンク2基で新たな漏えいか、底部で100㎜シーベルトの高線量検出』 8月 22nd, 2013. Finance GreenWatch 『ストロンチウムなど30兆ベクレルが海へ 基準の100倍 IAEA(国際原子力機構)が懸念表明』 8月 22nd, 2013. Finance GreenWatch 『東電福島原発漏えいタンク 同型タンク350基 接合部分の耐用年数わずか5年 場当たり・自転車操業改めて露呈(福島民報)』 8月 21st, 2013. Finance GreenWatch 『福島原発は少なくともこれから20~30年間、放射性物質を太平洋に流し続ける』 2013年8月21日 admin 『汚染水漏れ、深刻に受け止め=IAEA』 2013/08/21 時事 『汚染水漏えい量は300トン(ストロンチウムが1リットル当たり8000万ベクレル)』 2013年8月20日 NHK 『トリチウムの人体への重大事故例』 http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-02-0... 『福島・いわき市沖のエゾイソアイナメから410ベクレルのセシウム検出 (FGW) 放射能汚染水海洋流出の影響続く』 8月 16th, 2013. Finance GreenWatch ・・・ 『「未来への教訓~検証・福島第一原発事故~」』 動画 田辺文也 放送大学特別講義 2013.05.19. http://vimeo.com/66684623 「総括;【できるだけ早く原発ゼロを目指すべき】 ◆国も事業者も安全確保について ・能力がない ・覚悟がない ・責任を取らない ⇒資格が無い ◆高レベル放射性廃棄物の処理の方法が現時点ではない。次世代に負の遺産を残すべきではない。」 ※

11/19 03:52 柏崎刈羽原発はもう再起不能ですか?
11/19 03:52 柏崎刈羽原発はもう再起不能ですか?
柏崎刈羽原発はもう再起不能ですか?

2017/03/20 12:54 柏崎市 水漏れ - NAVERまとめ
2017/03/20 12:54 柏崎市 水漏れ - YouTube
2017/03/20 12:54 2ch検索: [柏崎市 水漏れ]
2017/03/20 12:54 ヤフオク! - 「柏崎市 水漏れ」
2017/03/20 12:54 柏崎市 水漏れ - Google News
2017/03/20 12:54 柏崎市 水漏れ - Google ブログ
2017/03/20 12:54 [アメーバサーチ] 柏崎市 水漏れの検索結果
2017/03/20 12:54 [柏崎市 水漏れ]の検索結果 - goo検索
2017/03/20 12:54 タグ 柏崎市 水漏れ‐ニコニコ動画
2017/03/20 12:54 「柏崎市 水漏れ」のツイート
2017/03/20 12:54 「柏崎市 水漏れ」の検索結果 - Yahoo!ニュース

フォローアンテナ作成

気になるページの更新状況をチェックします。
必要なものはページの登録・削除用の管理パスワード設定だけ。
ページフォローアンテナはコチラから作成できます。
登録の際に有名サイトの検索結果URL&RSSを取得できるページも用意してます!
Page Top